あなただけのクラブをお届けします


高精度データ測定器により、お客様のゴルフにおけるお悩みを解決する最適なクラブをお作りします。フィッティングからリシャフト、必要に応じてスイングレッスンを行う総合サポート!

■ 間違ったドライバーは練習すればするほど下手になる?…


2015年に51会場[155日] のデータ測定会を実施致しましたが、悩みの種はドライバー”だけ”!というゴルファーが多い事を再度思い知らされました。

ライ角のアップライや重心距離・深度などから球が捕まりやすい、上がりやすい、ヘッドの操作性などクラブがやさしくなっているのにです…。

問題はやさしくなったヘッドとシャフトの質の低下でした。2016年現在、ヘッドメーカーの販売戦略として重ヘッドという方向でバランスはD2-3から更にD4-5まで移っています。

ヘッドスピードが42以上ある・叩けるくらいの力があるゴルファーにとってはまだ対応できる流れですが、ほとんどのゴルファーにとってはバッグスピンが減りすぎる・球が上げられない・そもそも振りきれず当てるだけになっているのが現場の実情です。

問題はシャフトだったのです。

シャフトの進化で棒のような剛性でなくても左にいきにくいシャフト・バッグスピンを抑えてフケ球を防ぐシャフトはすでにあったのですから…

ヘッドメーカーとしてはヘッドで解決するのは自然の流れですが、ヘッドは気に入っているが”飛距離が欲しい” “シャフトのタイミングが取りづらい” “クラブが重たくなってきた” などはリシャフト(シャフト交換)で解決できます。

純正のシャフトは慣れてくると…

バッグスピンが増えフケ球になりランが出ない、振り切ると左に引っかかるなどが問題でしたが、最新のクラブ用の純正シャフトは別の問題があるように思います。

あるトップメーカーの純正シャフトは特色を出し”振りぬきやすさ”を追求していますが、各会場をまわりある傾向が強くなったように感じます。

それは合う人には合う、合わない人には全く扱えない。ゴルフスタイルまでが壊れてしまうのではと心配するほどです。

その人にとって硬すぎるシャフト・柔らかすぎる・重すぎる・軽すぎる…などで合う合わないではなく、シャフトのはしるポイントとゴルファーの感覚が合わずタイミングが取れないケースが明らかに増えた印象です。

球筋としては、①上にかち上げる ②極端なほどに左右にばらつく ③両方とも出る

シャフトメーカーがシャフトを各種揃えている理由は、ドラコン向きなど以外はゴルファーのスイングタイプからくる要望に応えるためです。

数万円するシャフトだろうが、合わないシャフトでは期待するほどの効果は得られないのです。

30会場以上を毎週まわり、最新のシャフトだからこれも試打したい・好きなプロが使ってるのも打ってみたい、などフィッティングとは別で打っていただきデータも取りますが、データとしてはバッグスピンが多いからNGなどやご本人からフィッティングのより振りづらいなど様々です。

最新だから一番いいシャフト・せっかくお金をかけるのだから最新のが良いというシャフト選びは危険だと言う事と、シャフトに特色があると合う合わないが極端に出るということでもあります。

純正だからそのヘッドに一番合うのでは?

このように言われる方が多いですが、前述の通りご自身に合うか?が一番重要という事です。

コラム①ゴルフ雑誌で知識偏重になっていませんか?


ゴルフは感覚のスポーツでもあります。前述の話もゴルファーご自身で試打し、シャフトの違いをぜひ体験してください。
当社は工房ですので、カタログだけでシャフトの特徴を語ることはありません。(※当サイトの商品ページでは引用によるシャフト紹介にしています。)
実際に現場に出て、数千人の方に試打をしていただきデータを取り、シャフトの特徴などの認識を深め、工房側のセンス(=感覚)を養っています。

シャフト商品

コラム②ヘッドメーカーのカスタムオーダーとの違いとは?


ゴルファーの悩みや課題は今お使いのクラブにあらわれています。実際に練習場で球筋を見て、クラブの重量やシャフトの種類やスイングタイプから総合的に判断することで、よりお客様にあったクラブが出来上がると考えます。

grandbassara

コラム③シャフトが同じなら誰がシャフト交換しても同じ?


リシャフト(シャフト交換)は経験がものを言います。ただ単にシャフトを入れ替える作業という事ではなく、ヘッド重量にたいしてのバランスと長さをどうするか、今後の練習課題などもお伝えする事で悩みの解消に向かうのです。
また飛ばない原因一つとってみても、お客様の認識と本当の原因にズレがあれば、練習場で球筋を見てデータやスイングから総合的に問題を特定できる工房でないとそのズレてしまった要望から生まれたクラブになってしますのです。

・試打会情報はこちら


最終更新日:2019年1月10日